早くお茶したーい!

早くお茶したーい!

お茶をするのが大好きなアラサー2人による共同ブログ♡

ペキニーズを飼い始めたよ(お迎え編)

もんだいちゃん(@mondai_g)です。

この度、長年夢見ていたペキニーズの子犬をお迎えしました!

や…本当…かわいいとかの次元ではない。妖精なの?ってかこれは現実なの?こんな愛おしい存在ってこの世界に実在できるの???え???

毎日言葉にできない感情が溢れており、幸せすぎて心が大変。この世界に生まれてきてよかった。もはや世界全てにラブの気持ち。ラブアンドピース。

 

f:id:mondai-girl:20200128160445j:plain

ずっとペキニーズに憧れていました。何も知らない女児の頃、初めてペットショップで目にしたペキニーズの子犬。他の子犬たちが元気に走り回っているなか、壁に頭をもたれかけてうつらうつら、溶けそうにだらりとしている姿に心を奪われてしまったのです。それ以来、犬を飼うなら絶対ペキニーズと心に決めていました。

数年前、小型犬OKの家に引っ越した我が家。そしてその頃から虎視眈々とタイミングを狙い続けてきた私。今日は、お迎えに至るまでの経緯を書いていこうと思います。

 

 

ペキニーズを飼い始めたよ(お迎え編) 

子犬を迎える環境

犬を飼いたいと思ってまず最初にしたことが、ペット可能物件に引っ越すこと。どんなに大人しい子でも吠えることはあるし、散歩や病院に連れて行く際に余裕でばれます。コソコソ飼うのって超大変です。物件数は限られてしまいますが、トラブルを防ぐためにもペット可物件は必須です。

また、我が家は夫婦2人暮らしでフルタイムの共働きだったのですが、犬のお迎えを機に私の仕事を減らしました(ちなみに、これは犬を飼う飼わないにしろ減らしたかったから減らしたのでありむしろ私が犬を利用した感すらある…)。が、共働きで飼っている方も探せばたくさんいらっしゃいますし、実際お迎えしてみて、子犬は一日の大半寝ているため餌のタイミングさえ気を付ければ(子犬は身体が小さいため、お腹が空きすぎると低血糖になり倒れてしまうことがあります)、そこまで気負わなくてもいいのではと思います。ペットをお迎えするうえでお金は超大事だしね。まぁウェブカメラで様子を見ている限り不在時は暇そうだし、帰ってきたら狂喜乱舞してるけど…。

個人的にフルタイムでも飼いたい場合は、

・家から会社が遠くないこと(昼食時帰れれば最高)
・残業を自分の裁量で調整できること
ウェブカメラを設置して随時様子を見ること

は最低限クリアしていた方がお互いの為にも良いかと思います。あと、できるだけ月齢が高い子にすることも大事です。しょうもないペットショップでは、不在が多いことを相談しても楽観的過ぎる回答をされる場合があるので、あまり鵜呑みにしないでね…。

ちなみに我が家は生後2ヶ月ちょっとでお迎えしましたが、お迎え元のブリーダーさんの方針で食事は1日2回(朝・夕)です。それに加え、低血糖予防のため合間にチューブの栄養剤(ニュートリカル)を少しだけあげています。

ただし、排泄物の処理に関しては少し大変かもしれません。家にいない分トイレトレーニングの回数は限られるし、すぐ処理しないと便で遊んじゃうしね…。フルタイムで働いていても、帰宅後はトイレトレーニングをしたり排泄物で汚れた体をふいてあげたり、家で犬のためにしっかり時間を取ることは必要になります。

f:id:mondai-girl:20200128160515j:plain

どこからお迎えするか

私は、インスタグラムでブリーダーさんを見つけて、そちらからお迎えしました。こうして書くと大丈夫か?出会い厨か?と思われるかもですが、というか私もかなり警戒していましたが、結構おすすめの出会い方だと思います。メリットとしては、

・投稿の時刻や頻度が分かる(あまりに投稿しないのも不審ですが、数時間おきなど投稿しすぎている人はビジネスに寄りすぎている可能性があります)
・言葉遣いなど人柄が知れる(ブリーダー総合サイトも見ていたのですが、言葉遣いがおかしい人は候補から外しました。デジタルが苦手なだけかもしれないし実際口コミでは高評価だったりしましたが、長い付き合いになることを考えると個人的には懸念事項だと思いました)
・コメントのやり取りが見れるため過去にそのブリーダーからお迎えした人の満足感が分かる

ことが挙げられると思います。

私が見つけたブリーダーさんは投稿の頻度や言葉遣いなどがちょうど良く、コメントからお迎え後の関係性も良好そうなこと、また、引き渡しを焦っている様子がないことが決め手でした。ブリーダーさんを探していたころはフルタイムで働いていたし、なんせ初めての子犬だったのでゆったりと社会性を身につけてきてほしいと思い、一日でも早く引き渡したいというような雰囲気がなかったそのブリーダーさんに連絡を取り、話を進めました。

話を進めるうえでも、犬舎の見学を了承してくれたり、母親犬と父親犬に実際に会わせてくれたり、料金が明確であったり、事務書類がしっかりしていたりと、一連のコミュニケーションに不信感を持つことがなかったため、最終的にお迎えに至りました。

なかでも、母親犬に会わせてもらえるというのは重要だと思います。子犬の購入を決めわくわく~楽しみ~と意気揚々と契約に向かったのですが、その際母親犬に会わせてもらったことで、この子が産んでくれた大事な子犬を育てさせてもらうんだ…と改めて責任を感じ、母親犬の気持ちを想像して胸が引き裂かれる思いに…。でも、その痛みは本来お迎えする側が必ず感じなくてはならないものだよね。保護するのでなく、購入という形をとるのであれば、親から子を引き離して育てさせてもらう、という感覚は絶対に持っていないといけないと思いました。そして、ブリーダーさんからお迎えしたことで子犬の家族が分かり、またいつでも里帰りさせてあげられる、というのはとても大きいと思います。だから、私をペキニーズに出会わせてくれたのはペットショップではあるんだけど。大人になっていろいろなことを知った今、できればペットショップからはお迎えしないようにしようと、実感を込めて思っています。

 

絶対に幸せにするし、何があっても守るからね~!!!

f:id:mondai-girl:20200128160605j:plain

f:id:mondai-girl:20200128160630j:plain


雨の午後、毛布をひいたゲージの中でぷくぷく寝息を立てて眠る天使。幸せかよ。

 

使ってるウェブカメラ載せようとしたら、古いモデルすぎて販売終了してた…これが新しいモデルらしい

Planex 防犯カメラ スマカメ2 スタンダードモデル CS-QS10
 

 それではまた~

f:id:mondai-girl:20180818145722j:plain(もんだいちゃん)